新車購入・車の買い方講座

新車購入・車の買い方講座

新車購入・車の買い方講座 > 新車購入・車の買い方講座

付帯費用について

税金

車を買う時、使う時には必ず税金を納めなければなりません。
納めなければならない税金は、
1.自動車取得税、2.自動車重量税、3.自動車税
以上の3つです。

それでは、上で挙げた税金について、それぞれについて説明しましょう。

1. 自動車取得税

車を購入する際に納める税金で、購入する車の価格によって 納税額も
違ってきます。
自動車取得税の額は、

(車両本体価格 + 主要なオプション)×0.9の5%

で計算します。

2. 自動車重量税

登録時に、車検期間分を払います。
新車の場合は3年間分です。

自動車重量税の表

 

3. 自動車税

登録の翌月から年度末までの金額を納税します。

月割納税一覧表

 

※軽自動車・・・月割り制度がないため、翌年度まで納税の必要はない。  ロータリーエンジンの場合は、(総排気量×1.5)で計算する。

 

保険料

保険には2種類あります。

「自賠責保険」と「任意保険」です。

任意保険に入るかどうかはあなたの自由ですが、自賠責保険には、次回の車検を越える期間分、加入しなくてはなりません。

自賠責保険

正式には「自動車損害賠償責任保険」で、必ず加入しなければならない保険です。
購入する際に、次回の車検期間を超える保険に加入しないと車検を受けることができません。
還付の制度はありますが、「還付分を買い取り価格に含める」としている業者が多いので、下取りに出したり売却する際には、事前に確認しておきましょう。

 

任意保険

自賠責保険は必ず入らなければならないものですが、それ以外に自分で加入する保険のことです。加入するかどうかは自由ですので、必要かどうかを判断してください。

諸費用

クルマを購入する際によく聞く、「諸費用」とは一体どんなものでしょう?

1. 検査登録費用

購入した車をあなたのものにするためには、車検を通し、あなたの名義で
登録する必要があります。
このために必要なのがこの登録費用です。
販売店に代行を依頼する場合は、別途「検査登録手続代行費用」を
支払うことになります。

2. 車庫証明費用

この証明書がないと車を買うことができません。
これも、販売店に代行を依頼する場合は、別途「車庫証明手続代行費用」
を支払うことになります。

3. 納車費用

販売店が「ユーザーの依頼によって」、指定した場所に
届けるための費用です。
納車日に販売店に直接取りに行く場合は払う必要はありません。

4. 下取車手続代行費用

販売店が、下取り車の名義を変更したり抹消したりする手続きを
あなたに代わって行うための費用です。
当たり前の話ですが、下取り車がない場合は払う必要はありません。

5. 預かり法定費用

販売店があなたに代わって、検査登録を受けたり車庫証明の交付の
手続をする際に、関係官庁へ納入する費用のことです。

よくある相談

新車を契約する際に、「納車の時は販売店まで取りに行く」と言ったのに納車費用をとられている。
おかしいと思い担当者にたずねたところ、「これはメーカーから販売店まで持ってくる費用だ」との説明を受けた。
納車費用は払わなければならないのか。

解説

納車費用とは、販売店が注文者の依頼によって、指定する場所まで車両を届けた場合に、代行業務の費用として請求する費用ですので、この担当者の説明は間違いということになります。
ご自分で販売店まで取りに行くのであれば、納車費用を払う必要はありません。

  •  
  •  
  •  
  •  

Copyright 新車購入・車の買い方講座 All Rights Reserved.